イーサリアムプロジェクトの目指すもの

トップページ
お気に入りに追加
  

イーサリアムプロジェクトの目指すもの

ビットコインと同じく、ネット上で使用できる仮想の通貨として注目されているものに、イーサリアムがあります。

業界を先導するビットコインに倣う形で、イーサリアムも全世界に向けて発信を進めており、現在そのシェアはビットコインに次ぐ勢いで高まりつつあると言われます。

 

イーサリアムは正しくは、イーサリアムプロジェクトと呼ばれる計画及び、その上にあるアプリケーションやソフトフェアの総称であり、仮想通貨そのものを指す言葉ではありません。

イーサリアムプロジェクトで運用が行われている通貨は、イーサーやイーサーコインと呼ばれ、インターネットの中で活発に取引されています。

 

ビットコイン等の仮想通貨の先陣を切ったサービスを、そのベースと考えた場合に、イーサリアムの立ち位置はそのバージョンアップ版に置かれます。

従来の仮想通貨に、さらに機能をプラスして進化したものが、イーサリアムを筆頭にした第二世代の仮想通貨なのです。

 

イーサリアムは、仮想通貨のシステムの中にスマートコントラクトを形成します。

スマートコントラクトにより、イーサリアムのやり取りに契約や条件が自動的に付随し、システムの下に仮想通貨での取引が安全に行えるようになります。

 

過去から現在の通貨の動きの、全てを管理できるイーサリアムのプロジェクトの上で、仮想通貨は何に縛られることもなく自由な運用が可能になります。

イーサリアムという管理システムの力を使えば、あらゆる仲介の業者を必要としない、シンプルでコストのかからない直接取引は実現できるのです。